闘病記(1)一本の電話

試合会場に1本の電話が入りました。

以前、検査に行った病院の先生からでした。
何だろう?と思って話を聞くと、
「難しい血液の病気にかかっている可能性がある。
今すぐ帰って来院して下さい!」と言われたのです。


そんな事、急に言われても・・・とりあえず終わったら行こう!
と言う感じでした。
(その試合は予選落ち)
受診した先生の口から出た言葉に私は耳を疑いました。

「ひょっとしたら白血病かも知れないです」と・・・・
心に稲妻が落ちるくらいのショックを受けました。

「明日、ご両親と再度来てください」と言われたのです。

まさか・・・白血病だなんて大それた事を・・・
”冗談じゃねーよ”と一瞬思ったのですが全身に現れている赤アザや青アザ。

ぶつけてもいないのにすぐにアザが出来ていたのです。


ずっと何でだろう?とは思っていました。

それに、すぐに疲れてしまうし心臓がバクバクして
眠る時も鼓動が激しく,何かおかしいな?と思っていました。

それに、頭がいつもボーっとした感じでおかしな咳も出ていました。

先輩のプロからは、「ガンだ~ガンだ~」と冗談ぽく脅されていましたし、
「顔が日焼けしているわりに青白い。

中溝、一度病院に行った方がいいんじゃない?」って言われていたのです。


ただ、その頃は夏でしたし、試合が続いていたから疲れているだけだろう・・・
と私は思っていたのですが・・・

骨髄移植後、無菌室にて