闘病記(3)骨髄穿刺(マルク)

採血だけでは何の病気か判断できないので、骨髄液を抜いて検査をする必要がありました。「骨の中の髄液を抜く?」 痛そうだなと思いました。

その骨髄液が”血液を造るもと”なのです。それをみれば病気の判断がつくのです。

「絶対にしなければダメだよ。」と言われしぶしぶする事になったのです。
少し痛いと聞いていましたが、実際、骨に穴をあけるのですから
だいぶん痛いんじゃないの?と思い、とても怖かったです。

胸の骨の周りを消毒され、顔に布をかけられた時は
ギョっ!としました。
目隠し状態で、しかもはじめてだったので
いったい何をされるのだろう?と・・・・。

麻酔の注射をされました。(普通の注射より、麻酔の注射は特にいたいのです。)


骨に打つのですから痛くない事はありませんでした。

打ち終わってから、実際には見ていないのでわからないのですが
ワインのコルクを抜くようなもので”グリグリ”と圧迫しながら
針のようなもので胸の骨に穴をあけていきます。

私はビックリして足をバタつかせましたが
とっさに看護婦さんに押さえられてしまいました。

先生に「動いたらダメだよ、危険だよ」と言われ
おとなしく我慢しました。最悪だと思いました。

これから骨髄液を抜くからねと言われ、同時に何とも表現できない
ものすごい痛みが走りました。

一瞬なのですがそれは、まるで”のみ”で打たれたような感じです。
思わず「ギャ-」って叫んでしまいました。

このマルクの検査は、やった人にしかわからない痛みです。

検査は10分位で済みましたが、汗をたくさんかいていました。

その後、血が止まるのを確認し、砂袋を胸に2時間ほど置いて
安静にしていました。


2週間後、この検査の結果、10万人にひとりといわれる血液の病気
”骨髄異形成症候群”(MDS)と言う病気だと言う事が判明したのです。

骨髄移植後、無菌室にて